テストフェン18000を使った私の筋肉増強方法とは

テストフェン18000を使った私の筋肉増強方法とは

テストフェンで筋肉をつける

まず初めにテストフェン18000をトレーニング前に飲んでいます。
そして、トレーニングを始めるのですが、トレーニング時に気を付けていることがいくつかあります。それは、筋トレの基本として以前ビルダーの人から教わったことなのですが・・・

 

鍛えたい場所を意識してトレーニングする

漠然と体全体、あるいは腕などを鍛えるというイメージではなく、たとえば腕なら上腕二頭筋を鍛える!というふうに意識して脳にもここを鍛えているという信号をおくるのが肝心です。動作の少しの違いで、狙った部分への負荷が変わるので、時々インストラクターのチェックを受けています。

 

「オールアウト」というとこまでやる

例えば、腹筋の回数をできなくなるまで増やす・・・限界に達すると成長ホルモンが刺激されて筋肉が増幅されます。この限界を見極めるのも最初は難しいので、トレーニングコーチやインストラクターの助言は受けた方が良いと思います。

 

インターバルは短時間で

インターバルを長くとってしまうと、せっかくの成長ホルモンの刺激がリセットされてしまいます。私はインターバルは10回呼吸したら次のセットに行くようにしています。個人差があるので無理しすぎは禁物ですが・・・

 

器具を使う時は最適の負荷で

トレーニングマシーンの負荷を最適にするのは結構難しい部分です。軽い負荷からやり始めるのがセオリーですが、いつまでも軽いままだと中々筋肉が付きません。私は、限界の少し手前で、あとは回数で調整しています。これもインストラクターがいれば、適切な負荷を調整してもらいましょう。

 

私はテストフェン18000を服用してトレーニングをしているので、インターバルを短くオールアウトまで、最大負荷でトレーニング出来ています。以前はオールアウトは、なんとなく自分で決めていたというか、インチキトレーニングで汗を流してスッキリするだけでしたがテストフェン18000のおかげで、本物のオールアウトを体感できています。結果として筋肉強化も順調なわけです。

 

トップページに戻る